ダイエットで重要なこと、有酸素運動・無理せずに・朝食前に

ダイエットで重要なこと、有酸素運動・無理せずに・朝食前に

老若男女問わず、昨今はダイエットにいそしむ人が増えていますね。

 

 

健康のため、美容のため、様々な理由はあれど痩せたいという気持ちはみな同じです。楽してダイエットしたいと思っている方も多いでしょうが、僕はそれは難しいと思います。なぜなら自分でいろいろ試したところ結果が思わしくなかったからです。僕自身がダイエットに成功したのは痩せようと心に決めて運動を継続したときだけでした。僕がダイエットを始めたときは今より6キロ以上体重が重かったのですが、ダイエットを終えたころは今より3キロほど軽かったです。その後多少戻って今の体重になりましたが、それ以上の揺り戻しは起こっていません。これもしっかり運動をして痩せたからだと思っています。さて、そのダイエットの方法ですが、まず最初にやったことは散歩でした。

 

 

朝と夕方の二回、30分ずつ合計1時間を目安に行いました。その結果、一週間後に1キロ体重が落ちました。その後も散歩を続けましたが今度はなかなか体重が減らなかったため、散歩をスロージョギングに切り替えました。スロージョギングは歩くより少し早い程度の速度でジョギングすることです。これも朝と夕方、30分ずつ合計一時間を目安にしました。そのおかげで二週間後には体重がさらに1キロ減りました。しかしその後は一か月継続しても体重はほぼ変わりませんでした。そこで次は全力ダッシュとウォーキングを組み合わせてみることにしました。方法は軽く流して体をほぐしたのち、全力ダッシュをできる限りする。

 

 

 

限界が来たらゆっくり歩きながら呼吸を整え体力の回復を待つ。回復したらまた全力ダッシュ、という具合です。これも朝と夕方、1日合計40分から始め最終的には1時間するようになりました。最初のころはダッシュの時間は短く、インターバル代わりのウォーキングばかりでしたが、徐々に体力がついてきてダッシュの時間が増えていきました。

 

 

この全力ダッシュとウォーキングの組み合わせはとても効果が高く、一週間で1.5キロ、二週間でさらに1キロ、三週間目にも1キロ近くの減量に成功しました。その後も継続していくにしたがってダイエット効果が減っていったので、二か月ほどたった時からインターバルトレーニングに変更しました。これはネットで見つけたトレーニング方法で、ダッシュを30秒したあと三分ジョギングするのを繰り返す方法です。

 

 

これは結構ハードだったので、一日30分から始め最終的には一時間近く行うようになりました。最初のころはジョギングで回復するのはなかなか難しく、ジョギングのスピードを落として時間を長めにしたり、途中で歩いてしまったりしましたがこれにも徐々に慣れてきました。そしてその後二か月足らずでダイエット開始時から10キロの減量に成功しました。

 

 

その後はそれほどハードなトレーニングはせず、休日にジョギングをしたり筋力トレーニングをしたりする程度に変えましたが、それでもダイエット前からすると6キロ以上痩せた状態で維持できています。この話を友人にしたところ、徐々に負荷を増やしていく方法は理にかなっているとほめられました。そして、痩せたいのなら朝食をとる前に運動をするのが一番効率的だと教えてくれました。僕も朝は朝食をとる前に運動をしていたので、それがよかったのでしょう。とにかく、ダイエットをするなら有酸素運動、それも最初は無理せずに徐々に負荷を増やしていくこと、そしてそれを朝食前に行うことが重要です。