マッスルサイエンス!意識することで筋トレの効果アップ!

マッスルサイエンス!意識することで筋トレの効果アップ!

 

スタイル維持やダイエット目的で筋トレを行っている人も多いかと思います。

 

インターネットや雑誌、ダイエット本などでも多く筋トレを取り上げられています。その情報を鵜呑みにして、ただ、やみくもに筋トレを行っていてもなかなか効果が現れないこともあります。

 

そんな時、ある方法をとりいれるだけで、より早く効果を感じることができます。それはどんな方法なのでしょう?それはとても簡単です。鏡で見ながら、鍛えたい筋肉を意識するだけです。筋肉に詳しくなければ意識できないと思われるかもしれませんが、筋トレをしていると自然と筋肉が動き、筋肉の名前がわからなくても意識することができます。

 

 

 

意識するだけで、そんなに簡単に効果がアップするのでしょうか?これは研究結果で意識することで、より筋肉が鍛えられ効果が見られたと報告されています。科学的根拠のある方法だったのです。

 

 

人間の脳は、ごく一部しか活用できていないと言われています。人間の脳には計り知れない潜在能力が秘められていますが、その潜在能力に働きかけるのは思ったより単純です。声に出した情報を耳からインプットしたり、手で触った情報や目で見た情報を脳に伝達していきます。そうして得られた情報を脳は無意識に意識するようになります。

 

 

このような脳の潜在能力を利用し筋トレに生かすことができます。鏡で見て鍛えたい筋肉を目で見て意識し、手で触って意識し、声に出して耳で意識することで、脳の潜在意識に働きかけ、さらに効果的に筋トレを行うことができます。マッチョな男性が、鏡に自分の筋肉を映して、筋肉に手を当てて、話しかけながら、筋トレしているシーンをよくテレビで見ていますが、実はあの方法は理にかなっている、筋トレなんですね。

 

 

しかし、人前で筋肉に話しかけながら筋トレするのは変な人と思われたり、ナルシストと勘違いされる可能性もあります。ですので、自宅でひっそりと取り入れられることをお勧めします。

 

最も筋力増強に効果的な負荷

 

最近、春らしい気温になってきました。
毎年この時期になると夏までに筋力をつけて、水着を着た時に恥ずかしくないような体型にしたいなと思います。

 

理由は各々あると思いますが、筋トレを始めたいと思っている方は多いのではないでしょうか。そこで今回私は、効果的な筋トレの方法を説明したいと思います。まず初めに、筋肉をつけるというとみなさんが想像するのは筋肉が太くなることでしょう。しかし、少し間違いがあります。なぜかといいますと筋トレを行っても最初の3〜4週間は筋肉は太くならないからです。

 

 

そうしますと、じゃあ筋肉は最初つかないのかという疑問が生まれます。実は筋肉は太くなりませんが、筋肉の神経は筋トレにより賦活され筋力は強くなっています。なので、筋肉が太くならなくてもすぐに諦めないようにしてください。見えないところで筋肉はついていますので。では実際、どれくらいの負荷・頻度で行えばよいのか。まずは負荷からご説明いたします。最も筋力増強に効果的な負荷は、精一杯でなんとか10回行える程度が良いとされています。

 

 

10回でいいんですよ。これを2セット。きつくても少ない回数ですからがんばれますね。つづいては頻度、頻度は週に2〜3回が理想とされます。その理由ですが、筋肉には超回復があるからです。超回復とは筋トレによって壊され、それが修復する期間のことをいいます。この超回復を繰り返すことによってどんどん筋力増強していくので絶対必要な期間となります。

 

 

毎日行うのが良いと思っている方が多いのが現状なので注意してください。そして最後にもう1つ注意点があります。だんだん力がついてきたら負荷を強くしてください。最初にご説明したように最適な負荷は精一杯行って10回ですので、負荷を必要に応じてあげる必要があります。ここまで説明したのが、最も効果的な筋トレの方法です。しかし、1番大事なのは継続し行うことだと思います。これらを踏まえたうえで最も自分が継続し行える方法を探してください。

 

 

魅力ある男は頭髪ケアも大事!
https://xn--cck1cgb2hc3f2371dukwc.com/